知っていると便利な「70の法則」とは?

こんにちは!

 

オーク投資アカデミー

ナビゲーターの今井です。

 

今日は、

京大卒・米国公認会計士・リスクコンサルタント

でもある

原 国太郎先生もよく使っている

 

投資をする際に知っておくと便利な

「70の法則」

についてお話します。

 

「70の法則ってなに??」

と思われたかも知れませんが、

 

70の法則とは、
「複利運用で資産が2倍になる年数」

 

を簡単に算出できる法則です。

 

この70という数字が面白い数字で、

70を利回りの数字で割ると、

元金が2倍になる年数がわかるということなんです。

 

※あくまでも概算ですので、正確な値ではありません。

 

例えば、

 

元手100万円を

利回り10%で運用した場合、

70÷10=7 ということで、

 

7年で2倍、

 

つまり7年経てば、
100万円が200万円になる、ということです。

 

さらに
200万円をそのまま10%で運用すれば、

 

もう7年で、2倍の400万円、

 

さらに7年で、2倍の800万円になる、
ということです。

 

これが
利回り7%の場合は、

 

70÷7=10 ですので、

 

10年で2倍になる、という具合です。

 

ですので、
複利運用で投資する場合に

元金が2倍になる期間を知りたければ、

 

この「70の法則」を覚えておくだけで
簡単に概算期間がわかるというわけです。

 

ただし、
利回りの値が大きくなればなるほど
誤差も増えていきますので、

 

あくまでも概算で年数をイメージする、
という使い方が良いと思います。

 

複利運用の計算は、

 

不動産投資だけでなく、
定期預金や投資信託など

様々なシーンで使えますので、

是非、覚えておいてくださいね!

 

それでは、

また次回をお楽しみに!

 

関連記事

PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー