ジム鈴木の300万円不動産投資術 第12話

こんにちは!

オーク投資アカデミーの三上です。

今日は

物件を買い進めるスピードについて

ジム先生の考えをお伝えします!

よく

「〇年で資産3億円!」

とか

「1年でRCアパート〇棟持つ!」

など、

すごいスピードで
規模を拡大していく方がいらっしゃいます。

そういった急拡大型の
不動産投資家さんは、

目立つので憧れる人も多いと思います。

ですが・・・

ジム先生は
そういった投資法を初心者に勧めるのは、
危ないのでやめて欲しいなぁ、と思っているそうです(^^;

むしろ、本当は
規模拡大の話を聞いたら
ちょっと不安になって欲しい、とのこと。。

・・・というのも、

実は

物件を取得するだけなら
そんなに難しいことではない
そうなんです。

大規模物件は、
普通は融資を使って購入すると思います。

なので、
逆に言えば、

融資さえつけば
金額が高くても、立地がどこであろうと
買うこと自体はできてしまう
んですよね。

それで、
不安になってほしいのは
買えるかどうかではなく、


きちんと入居者さんが入った状態(満室状態)で
規模拡大できているのか??

という点です。

不動産投資では
いかに早く満室にして
安定して長く暮らしてもらえるかが重要です。

ジム先生はいつも、1つの戸建てを買って、
その入居付けをして(つまり満室にして)

そして、
次の物件、
また次の物件・・・

1つ1つ満室にしながら
買い進めていきます。

一方で、
一棟ものの場合、
空室がたくさんある状態で
売りに出されている物件も多い
です。

ただ、規模拡大を急ぐと、
空室が埋まってもいないのに、

「安いのが出た!」

と言って、

また多数空室のある物件を買ってしまった・・・

という事態に陥りがちです。

そうなると

ローン支払いや、
建物の維持管理費がかさんで、

賃料では賄いきれずに
赤字になっていきます。

そうなると毎月「手出し」が発生して

不動産を購入したはいいけれども
お金が毎月出ていってしまって・・・

という、投資したはずなのに

お金を失う状況になってしまいます。

実は、
一見華やかに見える、メガ大家さんたちも、

内情を聞くと、

あんなにリスクが大きいのに、
ほとんど「手残り」が無い
「綱渡り状態」になっている人も多い
んです。

不動産投資は
きちんと入居してもらってこそ。

そこが何よりも大切です!

満室経営だからこそ
ローンの支払いもできる、
さらに毎月お金が手元にしっかり残る。

だから
スピードを上げて
規模を拡大するのが大切ではなくて


入居者がついた満室状態の貸家を
1つ1つ増やしたほうが、

ずっとずっと安全で安心!

ということです(^^)

ということで、
本日は
物件を購入するスピードについて、
ジム先生の考え方をお伝えしました!

みなさんもぜひ、
安全に着実に、不動産を増やしていってくださいね(^^)

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ナビゲーター 三上

関連記事

PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー