廃墟不動産投資の聞き込みについて

こんにちは!

オーク投資アカデミー

ナビゲーターの三上です。

廃墟不動産投資では、
空き家を見つけて
近隣住民に聞き込みしていきます。

その聞き込みについて
よく言われることが

近隣住民から
白い目で見られるんじゃないの?

というものです。

たしかに、

突然、
空き家の聞き込みをしたら

怪しまれるんじゃないかな?

と不安になりますよね(^^;

ですが、

村上先生はこのような不安を
過去に一度たりとも感じたことがないそうです。

というのも、

村上先生は

そもそもなぜ
相手の感情をそのように正確に読み取れるのか?

疑問に思うとのこと。

そんなことができるなら
廃墟不動産投資どころか、

あらゆるビジネスや人間関係が
完璧に構築できるのでは?

ということなのだそうです(^^;

相手が自分を白い目で見てくるとか、
自分を怪しんでいるなど、

それは、
実際にそうなわけではなく

完全なる自分の思い込みとのこと。

相手が何を考えているのかは
相手の頭の中にしか答えは存在せず、

それをこちらが証明したり、
判断したりするのは不可能だから、です。

なので、

「不審者と思われた」

「怪しまれた」

「白い目で見られた」

とネガティブに捉えるのは、

自意識過剰の妄想であることが多い

そうです。

なので、

そんな不確かなことに怯えて
活動しないのではなく

まずはガンガン動いて
1軒空き家をゲットしませんか?

という村上先生からの提案でした(^^)!

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!

ナビゲーター 三上

関連記事

PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー