「自分ルール」を作ろう

人口が減少して

どんどん空き家が増えている今、

 

活動さえ辞めなければ

 

「空き家を貸してもらえる機会」

 

に必ず出会うことができます。

 

ですが…

 

廃墟不動産投資の手法は

しっかり学んだものの、

 

なかなか活動することができず、

成果を得られていない方も

 

一定数いらっしゃいます。。

 

そして今回、

そんな

 

「なかなか活動できない方」

 

にオススメしたいのが

 

「自分ルールを作ること」

 

です!

 

「自分ルールを作る」

 

というのは

どういうことかというと

 

事前に、

 

その日に聞き込みする「軒数」を決めて、

そして「必ず実行する」

 

ということです。

 

ありがちですが、

 

「空き家を貸してもらえるか否か」

 

にフォーカスしすぎると、

 

空き家を貸してもらえないことにいちいち落ち込んだり、

聞き込みをする前に変な妄想をして時間を使ってしまったりして

 

あまり良いことがありません(^^;)

 

なので、

 

「聞き込みする軒数」

 

にフォーカスしてルールを決めるのがオススメです。

 

どういうことかというと、

 

「今日は○軒絶対に聞き込みしなければならない」

 

と自分でルールを決めて、

その軒数の聞き込みができたら

 

「よし!自分のルール守れたぞ!」

 

と自分自身を褒めてあげる、ということです。

 

こんな風に、

軒数にフォーカスしてどんどん活動していくと、

 

モチベーションも保つことができますし、

どんどん聞き込みも上達していきます。

 

そして何より、

 

廃墟不動産投資が成功できない理由のほとんどは

 

「聞き込みの軒数不足」

 

なので、

 

この調子で活動を継続することさえできれば

必ずいつかは成功します。

 

自分で聞き込みをする「軒数」を決めて、

「必ずその軒数の聞き込みをやり遂げる」

 

(※自分でルールを作ってそれを守る)

 

とてもシンプルですが、

僕はこのやり方で

廃墟不動産投資で成果を出すことができたので、

この機会に共有させていただきました(^^)!

 

もし、

なかなか廃墟不動産投資で成果が出せず、

時間だけが過ぎていってしまっている…

 

という方は

 

ぜひ

 

「軒数にフォーカスした自分ルール作り」

 

に挑戦してみてくださいね(^^)!

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

ナビゲーター 三上

関連記事

PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー