ジム鈴木の300万円不動産投資術 第15話

こんにちは!

 

オーク投資アカデミーの三上です。

 

今日はジム鈴木先生の

 

「事故物件についての考え方」

 

についてお伝えします(^ ^)!

 

まず結論から言うと、

 

ジム先生は

 

事故物件は手掛けないそうです。

 

物件を探していると、

 

事故物件だからこそ

安く購入できる、、、

 

ということもあるはずですが、

 

安くても

事故物件は買わないようにしているとのこと。。

 

事故物件を買わない理由は

 

「客付けがしづらい」

 

ということも当然あるのですが、

 

告知義務

 

についても

ジム先生は思うところがあるようです。。

 

国土交通省の定める

 

宅地建物取引業者による

人の死の告知に関するガイドライン

 

によると、

告知義務なし(自然死、日常生活の不慮の死など)

 

のケースがあったり、

 

告知義務あり

 

であっても

 

3年経過後は告げなくてよい

 

ケースがあるにはあります。。

 

ですが….

 

仮にガイドライン上告知の義務がなかったとしても、

 

入居者が入居後にその事実を知ったとしたら

 

「知っていたら住まなかったよっ!!」

 

と言ってトラブルになる可能性もないとは言えません。

 

結局のところ、

ルール上正しくても

 

感情的に揉める可能性があるなら

わざわざそういった物件を

手がける必要はない

 

というのがジム先生のお考えです(^ ^)!

 

なので、

事故物件よりは

安く買えないかもしれないですが、

 

事故物件ではない物件を、

地道に探して

安く購入していくのが

ジム先生のオススメのやり方です。

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました(^ ^)!

 

ナビゲーター 三上

関連記事

PC用のフローティングバナー スマホ用のフローティングバナー